News

Annual sales 2019 BEN RAHIM

Annual sales 2019 BEN RAHIM

    We would like to share this chart with you of our Annual sales 2019. As you know, from October 2019 we have started our new policies regarding no sugar, no milk with filter coffee, no cash and no tips at Ben Rahim. From the first of October we opened our bigger space and as you can see in the chart from this month on, we made almost 3 times the turnover that we had in the small shop.  The bottom line is: with all these new “rules” that came into effect because of our values and mission, we...

Read more →


Auch Zucker verboten In diesem Café ist Geld unerwünscht

Auch Zucker verboten In diesem Café ist Geld unerwünscht

Berliner-Kurier Berlin - Es ist in der Berliner Gastroszene eher ungewöhnlich: Im Kaffeehaus „Ben Rahim“ gibt es für Gäste so einige Einschränkungen. Der Inhaber lehnt die Zahlung mit Bargeld komplett ab und akzeptiert nur Karten. Außerdem gibt es keinen Zucker zum Kaffee und Trinkgeld ist auch unerwünscht. Der Berliner KURIER hat das Café mit den Eigenarten in Mitte besucht und ist auf recht unterschiedliche Reaktionen gestoßen. „Wenn ich keinen Zucker mehr zu meinem Kaffee bekomme, werde ich nicht wiederkommen“, sagt Dieter Dollacker (50). Er sei seit Jahren Stammgast und würde sich nun ein anderes Café suchen, in dem er seinen...

Read more →


BEN RAHIM – Arabische Kaffeetradition in Berlin

BEN RAHIM – Arabische Kaffeetradition in Berlin

Ein Flat White – 4,10 Euro. Während es in anderen Ländern mittlerweile ganz normal ist, auch Kleinstbeträge mit der Debit- oder Kreditkarte zu zahlen, kramen die meisten Deutschen dafür eher noch im Portemonnaie. Nur Bares ist Wahres? Nicht bei Ben Rahim, einem kleinen Café in Berlin-Mitte. Hier können die Kunden seit Oktober nur noch mit Karte bezahlen. Geschäftig geht es in dem kleinen Laden zu, der orientalisch eingerichtet ist. Neben den Berliner Stammkunden besuchen auch viele Touristen das Café am Hackeschen Markt, um die verschiedenen Kaffeespezialitäten zu genießen, die stets frisch und liebevoll von einem Barista zubereitet werden. Das Ben...

Read more →


Warum ein Berliner Coffeeshop Bargeld ablehnt

Warum ein Berliner Coffeeshop Bargeld ablehnt

Welt Daniel WetzelVeröffentlicht am 03.10.2019   Nur Bares ist Wahres: Diese alte Weisheit gilt in der deutschen Gastronomie nicht mehr. Jetzt lehnen die ersten Wirte sogar die Annahme von Bargeld komplett ab - und verzichten sogar auf das Trinkgeld. Aus der aufblühenden Berliner Kaffeehaus-Szene sticht das „Ben Rahim“ in den Hackeschen Höfen mit einigen Besonderheiten hervor. Zur Kaffeekultur gehört hier zum Beispiel, dass es grundsätzlich keinen Zucker gibt. Ebenso ungewöhnlich für ein Café: Trinkgelder sind ausdrücklich nicht erwünscht. Seit Kurzem macht das Spezialitätencafé durch eine weitere Eigenart auf sich aufmerksam. Die erschließt sich dem eintretenden Gast zunächst nur, wenn er...

Read more →


ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.86 ドイツ:ベン・ラヒム(Ben Rahim)

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.86 ドイツ:ベン・ラヒム(Ben Rahim)

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。ドイツ人は時間によってコーヒーのお好みが変わるそう。朝はドリップコーヒー、一息入れたい午後のコーヒータイムにはカフェラテが人気。特に首都ベルリンでは、スパイスやココアなどを加えた一味変わったカフェラテ風アレンジに注目が集まっています。チュニジア出身のオーナーの店「ベン・ラヒム」は、長い伝統を持つアラビアのコーヒー文化を融合させたフュージョン・コーヒーでベルリンっ子の心を掴んでいます。 特に女性に人気だというローズ・カルダモン・ラテは、冬限定のシーズンメニュー。4,80ユーロ。花は香りだけで味はあまりつけたくないので、カップにジャスミンウォーターをスプレーし、最後にミルクの泡の上にバラの蕾を散らしてフィニッシュ。  イタリアにほど近い北アフリカに位置し、アラブ文化を持ちながらもフランス占領時代の影響も色濃く残る、多彩な文化が融合する国チュニジア。自らの名前を冠した店「ベン・ラヒム」のオーナー、ラヒムさんはチュニジア出身。ベルリンっ子の奥さんと知り合って、この街へとやってきた。「チュニジアのコーヒー文化はまだ知名度が低い。ヨーロッパの良質なコーヒー豆やミルクとともに、チュニジアのアクセントを加えたコーヒーを楽しんでもらえたらと思ったのです」と、ラヒムさん。 カルダモンやフラワーウォーターを入れたコーヒーが人気のチュニジア。ふんわりとバラの香りが後口に残るチュニジアンコーヒーからインスピレーションを受け、ラヒムさんは「ローズ・カルダモン・ラテ」というオリジナルメニューを作った。    チュニジアではトルコ風モカにローズウォーターを垂らしたり、カルダモンと一緒に煮出して作るが、モカのざらっとした口当たりが苦手というラヒムさんは、エスプレッソをベースにして、カフェラテにした。エスプレッソに合うデーツ(ナツメヤシ)、カルダモンとローズウォーターを入れ、ミルクの優しい泡で香りや味を一つにまとめあげる。ふんわり甘いジャスミンとローズの香りが漂い、エスプレッソの苦味が喉に抜ける華やかなカフェラテ。 夏には、アエロプレスで入れたコーヒーをベースに爽やかな酸味の花梨のジャム、生姜やナツメグなどのスパイスを加えたカフェラテも。               [上]ラヒムさん(右)とスタッフ。各国からバリスタ志望の若者がやってくるという。[左下]店ではアラブ風のモカ「イブリク」も提供。作っている過程を見てもらうのもポイント。[右下]ハルヴァサンドイッチ、2,80ユーロ。リコッタチーズの爽やかな酸味とゴマの香りがコーヒーの味を引き立てる。  メニューにカフェラテ系が多い理由の一つは、店で砂糖を出していないから。テーブルの上にも、カウンターにも砂糖は置かれていない。「どうしてもというお客様にはお出ししますが、まずは砂糖を入れないで、コーヒー、スパイスなどの香りをストレートに味わって欲しいので、見えるところに砂糖は置きません!」 ほかにも、ピスタチオなどのナッツやスパイスを使ったカフェラテを出すことも。スパイスはあくまでもコーヒーの味と香りを引き立てるために、ほんの少しだけ。ほんのりとした苦味があるターメリックやナツメグ、ラベンダーもラテによくあうスパイスだそう。「コーヒーというのは無限の可能性を持つ飲み物。一風変わったうちの店のアレンジですが、それはコーヒーのさらなる美味しさを発見してもらうため」。ミルクが馴染みのない素材も飲みやすくしてくれる。 [上]観光客で賑わう、ハケッシェ・ヘーフェの出口側にある店は、地元民の小さなオアシス。[左下]この店でアラブ風モカの虜になってしまうお客も。店内では豪華なキットも販売。[右下]バラの蕾とカフェラテの色が可愛らしいローズラテは、インスタ映えも抜群。  ハルヴァ(ナッツやごまペーストを使い、ブロック状に固めたお菓子)をバゲットに挟んだチュニジアのストリートフードをアレンジし、クロワッサンにリコッタチーズとハルヴァを挟んだオリジナルメニューも、コーヒーに合う軽食として大人気。乳製品を加えることで一気にヨーロッパ風の味になる。コレを目当てに通ってくる常連も多いそうだ。 〈カフェ情報〉ベン・ラヒム(Ben Rahim)http://benrahim.de/Sophienstrasse 7, 10178 BerlinTel: +49 30 28886034営業時間  8:00〜18:00(月〜金) 10:00〜18:00(土・日) 無休 *1ユーロ=約125円(2019年1月現在)写真=Gianni Plescia 文=河内秀子(ベルリン市在住)更新日:2019/2/15

Read more →